Lapland cafe 物語 Ⅱ

lappland05.exblog.jp ブログトップ

想ひ・・・・。

来月の「東京国際キルトフェスティバル」、東京ドームに
子供パッチワーク教室の5家族、子供6人と私で行くことになりました。
すごいツアーです(笑)

頑張った子供たちにとって、その子達を応援してくれたご家族にとっても
一生忘れられない素敵な時間になりますように~♪




キルトを作るって、楽しい!
でも、大人でも、子供でも、やっぱり、とても根気がいるし、
キルトを完成させるのは、とっても大変。
ちょっと しんどくて 途中で諦めてしまったら、キルトは完成しません。

4月から9月まで、約半年間・・・・
それぞれ学校があり、習い事があり、生活があり・・・・。


「楽しいだけじゃなくて、しんどいこともあるだろうけど
最後まで 諦めないで 頑張ったら、やり遂げた時、きっと大きな何かが得られる。
途中で、投げだすのは簡単。
でも、投げ出さないで、最後まで仕上げようね・・・」と心に想いつつ
子供たちがキルトを作るお手伝いをさせていただいていた私です。

2年連続の2次審査通過、来年もまた東京ドームにキルトを飾ってもらえる・・・
信じられない奇跡が起こりました(涙)
ほんとうに、頑張った子供たちへのご褒美になってよかったです。

今回のキルトは、実は1度目の時、ひとりだけ参加していないAちゃんの為に始めたことでした。
みんなに頂いたご褒美や、賞状も、参加していないAちゃんには渡してあげることが出来ず、
私は、ずっと、Aちゃんにも、みんなと一緒に、このキモチを感じさせてあげたいな~と思ってました。
また、入選するとは限らないけど、みんなと一緒に!と・・・。
Aちゃんを含めた7人で、2次審査通過、来年もまた東京ドームにキルトを飾ってもらえる・・・
ほんとに、よかったです。



今、いろんな想いがあるなか、色々悩んで考えて・・・決めたことがあります・・・・。
悲しいくらい ただ、ただ私の力不足を実感しています・・・。

でも 末娘が まだ、この作品をコンテストに応募したとこの、
夏休みに帰省、Lapandcafeに飾ってある子供たちのキルトを見たとき、
「いいな~私も、小さい時、こんなキルト作りたかった~」としみじみ言ってくれたのが、
小学校の先生をしている長女が
「子供たち頑張ったね。すごいな~よくここまで出来たね」と言ってくれたのが、
ほんとに嬉しくて、その言葉が 今の私の心の支えです。
[PR]
by laplandcafe | 2008-12-16 11:40 | ひとりごと
line

ちいさな、ちいさなパッチワークキルト工房です♪


by laplandcafe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite